オンラインセミナー

オンラインセミナー

セミナーのご報告「実践に活かすためのプロセス・ガイドラインの改訂 第3版」

ITコーディネータのバイブルとも言えるプロセス・ガイドライン(PGL)は、過去2回の大きな改訂が行われてきましたが、今回の第3版はそれを上回る大きな改訂となりました。その主旨はIT経営を実践する上でより適用性の高いもの、実用性の高いものを目指すと同時に、ITコーディネータが支援先経営者の方々と同じIT経営の目的目標を共有できる基盤づくりを目指しています。
オンラインセミナー

セミナーのご報告「iCDと情報セキュリティ人材の育成」

BIGデータ・IoT・AIなどの技術はクラウド上のサーバーが使われることも多く情報を取り巻くセキュリティ環境は年々脅威を増しています。経済産業省は2016年6月、国内IT人材の最新動向と将来推計に関する調査結果から、IT人材はその時点で17万人超が不足し今後人口減少に伴い深刻化すると予測しています。ここで注目を集めているのが、「iコンピテンシディクショナリ(iCD)」です。
オンラインセミナー

セミナーのご報告「IoT による新たなビジネスモデルの創造」

IoTの活用は、大企業だけではなく、中小企業にとってもビジネスモデルの創造や変革をもたらすものとなり、いわゆる”攻めのIT経営”を推進する一助になるものと期待されています。モノのインターネットと言われるIoTについて、最新の取組み事例をご紹介しながら、”つなぐ、ためる、創り出す” IoTの最前線の情報のご提供に努めました。
オンラインセミナー

セミナーのご報告「『攻めのIT経営中小企業百選2016』から学ぶ」

国を挙げて”攻め”のIT利活用を推進する中、積極的に”攻め”のIT利活用に取組む中小企業をベストプラクティスとして選定する「攻めのIT経営中小企業百選」も2回目が発表され、実践的なIT利活用事例が紹介されています。本セミナーでは、選定委員長の岡田先生より本制度の意義、選考過程、選定企業の動向等のお話を頂き、“攻め“のIT利活用を実践され選ばれた2社からご講演頂きました。
オンラインセミナー

セミナーのご報告「今日からできるビッグデータ活用」

インターネットの普及で、あらゆる情報がデータとして身の回りにあふれかえっており、ビッグデータと言われています。このビッグデータを活用することが、ビジネスに大きな成果をもたらします。テキストマイニングは、高度な統計スキルや大きな投資を必要とせず、ビッグデータから革新的商品を産みだしたり、顧客満足度を上げていく技術として注目されています。
オンラインセミナー

セミナーのご報告「『攻めのIT経営中小企業百選2015』から学ぶ経営革新事例」

「攻め」のIT経営を推進する上で知っておきたい2016年度の国の施策について経済産業省小池室長よりご講演いただきます。そして業界でいち早く「攻め」IT活用を実践され、『IT経営中小企業百選2015』に選ばれた2社にご講演をいただきます。2社とも着実に売上を増加し新規の取引先開拓に順調に進んでいるなど、まさにITを”攻め”の手段として活用し経営革新を実現しています。
オンラインセミナー

セミナーのご報告「中小企業に役立つクラウドサービスとは何か?」

クラウドサービスは、ユーザーとITベンダーの関係を大きく変え、その有効活用による中小企業のIT経営の促進が期待されています。このセミナーでは、クラウドサービスを活用したIT経営によるイノベーションを実施し、クラウドサービス推進機構よりクラウドサービス認定を取得された企業における様々な事業変革、経営改革について、パネルディスカッションを通じてご紹介します。
オンラインセミナー

セミナーのご報告「マイナンバー制度における「特定個人情報の安全管理」の具体的取組み」

マイナンバーの安全管理措置は、業務で取り扱っている他の重要情報の信頼性・安全性を守る情報セキュリティ対策の一環として取り組むことが、事業者にとって有効です。マイナンバーの安全管理措置を実施する必要のある事業者の皆様、事業者が行う安全管理措置さらには情報セキュリティ全体の整備を支援するITコーディネータにとって大変有益なプログラムとなっています。
オンラインセミナー

セミナーのご報告「マイナンバー制度&個人情報保護法の実務対応ポイント」

マインナンバーに関するセミナーは数多くありますが、当セミナーでは“マイナンバー制度の実務対応”に主眼をおき、手順やチェックポイントを解説します。 また制度を支える“個人情報保護法” についても振り返り、ポイントを整理します。今回は特に、支店など複数の事業所や多くの非正規雇用者を抱える企業、ならびにその支援者にとって大変有益なプログラムとなっています。
オンラインセミナー

セミナーのご報告「ユーザー企業のための超高速開発」

超高速開発セミナー第2弾です。今回は情報システム部門の主導する業務改革をテーマとしており、ユーザー企業および情報システム部門、さらにITコーディネータなどの支援者を対象しています。今その存在価値を問われている情報システム部門に、業務改革としてのツールを提供、適用ノウハウやその期待効果を理解いただき、業務改革プロジェクト創出を担っていただきます。