オンラインセミナー

オンラインセミナー

セミナーのご報告「失敗しないRPAの導入」

~落とし穴回避の実践的ノウハウ~RPAを導入して業務の効率化や質的転換に成功する事例が耳目を集める一方で、RPAの導入に頓挫した事例も後を絶ちません。本セミナーでは、 実際にクライアントにRPA導入支援を行っている講師が、実例に基づき、ありがちな失敗リスクを乗り越えてRPA導入を推進するための要諦をご紹介いたしました。

オンラインセミナー

セミナーのご報告「GDPR 新しい個人情報保護の潮流」

~GDPRを正しく理解し、グローバルビジネス社会を勝ち抜きましょう~GDPRは「General Data Protection Regulation」の略であり、欧州連合(EU)が2018年5月に施行した個人情報保護についてのルールです。GDPRはEU加盟国に直接適用される規則ですが、日本を含めたEU加盟国以外も、事業活動におけるEU加盟国との関係によってGDPRの対象となります。

オンラインセミナー

セミナーのご報告「フィンテックと仮想通貨を活用した新たな中小企業経営」

急速なキャッシュレス決済の普及が、保守的な日本の取引決済環境をも刺激して、大手企業間の取引のみならず個人レベルの少額取引にまでも大きな変化をもたらしつつあります。その一方新しい金融サービスは、企業投資や資金調達、業務処理の生産性向上など企業経営に及ぼす影響も多大です。このセミナーでは、基盤となるフィンテックや仮想通貨などの理解を深めていただきます。
オンラインセミナー

セミナーのご報告「管理会計とExcelデータ分析で経営支援 2」

企業の業績を表す決算書は、企業活動を1年間要約されて作成されているため、経営改善を行うにはあまり向いていません。決算書の全体の数字を組織・製品等・顧客等に分解して、企業活動のどこに問題があるかを分析する管理会計の方が経営改善には向いています。セミナーでは管理会計の考え方とそれを具体的に実行するためのツールとなるEXCEL活用についてお話しします。
オンラインセミナー

セミナーのご報告「世界のITイノベーションとビジネスへの応用」

情報技術が真の意味で、ビジネス創造に関与できるようになってきました。新しい業務、新しいビジネスを創るということは、情報技術を組み込むことであり、IT人材とは、まさしくビジネス創造人材そのものです。ソサエティ5.0は、情報技術を活用して社会的課題を解決する事です。働き方改革も、新しいビジネスを創造することもまた社会的課題を解決することにつながります。

オンラインセミナー

セミナーのご報告「管理会計とExcelデータ分析で経営支援」

管理会計の要は企業をいかにしたら儲からせるようにするか、その基本的な考え方を提供するものです。一般に中小企業は、経験による勘で経営課題の対応を行っています。管理会計を経営に組入れ、データの裏付けのある経営判断を行っている企業は少ないのが現状です。ITCがこのExcelによるデータの把握や分析を知り使いこなすことで、中小企業のIT経営の実現に貢献できます。
オンラインセミナー

セミナーのご報告「『攻めのIT経営中小企業百選2017』から学ぶ経営革新事例」

積極的に”攻め”のIT利活用に取組んでいる中小企業をベストプラクティスとして選定する「攻めのIT経営中小企業百選」も最終回である3回目の発表が行なわれ、全国から40社が選定され、実践的なIT利活用事例“百選”が揃いました。本セミナーでは、選定委員長の岡田先生より本制度の意義、選考過程、選定企業の動向等のお話を頂きます。そして今回選定された2社にもご講演を頂きました。
オンラインセミナー

セミナーのご報告「ローカルベンチマーク・IT経営支援は企業を客観的に知ることから始まる」

「ローカルベンチマーク」の活用の最大のポイントは「対話」です。特に中小企業が地域に根ざした事業活動を行うにあたり、地域の金融機関や行政、さらに民間の支援機関からの支援を受けることは必要不可欠です。
オンラインセミナー

セミナーのご報告「実践に活かすためのプロセス・ガイドラインの改訂 第3版」

ITコーディネータのバイブルとも言えるプロセス・ガイドライン(PGL)は、過去2回の大きな改訂が行われてきましたが、今回の第3版はそれを上回る大きな改訂となりました。その主旨はIT経営を実践する上でより適用性の高いもの、実用性の高いものを目指すと同時に、ITコーディネータが支援先経営者の方々と同じIT経営の目的目標を共有できる基盤づくりを目指しています。
オンラインセミナー

セミナーのご報告「iCDと情報セキュリティ人材の育成」

BIGデータ・IoT・AIなどの技術はクラウド上のサーバーが使われることも多く情報を取り巻くセキュリティ環境は年々脅威を増しています。経済産業省は2016年6月、国内IT人材の最新動向と将来推計に関する調査結果から、IT人材はその時点で17万人超が不足し今後人口減少に伴い深刻化すると予測しています。ここで注目を集めているのが、「iコンピテンシディクショナリ(iCD)」です。